スマホ戦争勃発。

今日は、やるべきこともやらず(※編集・ライター養成講座の卒業制作)、ソフトバンクオープニングdayのUstream中継をだらだらと見ていた。この中継を総括すると、それって半分の時間で出来るよね?って感じだったんだけど、まあ、それは取り合えずおいとくとして、今日はその中で、iPhoneにつぐ新しいスマートフォンとしてHTCのandroid携帯「HTC Desire」の発表があった。これにはソニーエリクソンの「Xperia」購入予定のドコモユーザーからも色々反応があった。

まあ、このスマホふたつをごくごく簡単に比較すると

機能:Xpeira < Desire
電波:Xpeira > Desire

てな感じ。

機能においては、DesireのandroidOSが最新の2.1なのが大きい。Xperiaが、最新OSを載せられなかったのは、Googleが特に親しいメーカーに率先して新しいOSを与える、というGoogleの戦略もあってのことらしい。Google初のスマホ「Nexus One」の筐体を作ったのはHTCだし、HTCは今や最もGoogleから厚遇を受けているメーカーだといえるだろう。

かたやXperiaは、androidOS1.6を相当カスタマイズしているらしく、もちろんOSのアップデートはそのうちすると思うのだが、そんなにすぐには出来ないと思う。なぜなら、マルチタッチ対応を想定するのとしないのでは、アプリケーションのインターフェイスがまるっきり違ってくるから。そうなるとXperia独自のアプリはほぼ一から作り直す様な事態になるだろう。そんな訳で、ますますOSのアップデートはそんなに簡単でないことは想像に難くないのだが、ソニエリは今回のDesireの発表を受けて、さらに開発の速度を上げざるを得ないだろう。

通信環境について。これはドコモがまだまだ優勢。流石に国営事業をそのまま引き継いだことはある。ところが通信環境においてもソフトバンクモバイルは相当の追い込みをかけてくる。まず本日、ソフトバンクは2010年内に基地局を倍増することを発表している。現在の人口カバー率は、ドコモ、AUが99%越え、それに対してソフトバンクは98%なのだそうだ。これでも、ボーダフォン時代から基地局を倍増させて、なんとか辿り着いた数字だ。それぞれの母体会社が、ドコモはいわずもがなのNTT、そしてAUはそのNTTと戦後分割されて出来たKDD(現・KDDI)、それに比べると、ソフトバンクモバイルは84年創業の日本テレコムがその原点となるから、インフラ面においては最初から不利があった。

さて、今回の基地局倍増計画は、現在の人口カバー率98%から99%越えまでアップすべく計画されたものらしい。この1%を増やす為に基地局を倍増するのは、会社としては採算が合わないらしいのだが、ユーザーからのソフトバンクは電波が弱いとの声を受け、やることを決断したという。ちなみに孫さんはフジロックでiPhoneの電波が入らず、twitter上で避難轟々だった話を持ち出していた。孫さん、かなりしっかりtwitterを見てるし、都合の悪い情報も隠さない。経営上の数字よりもユーザーの実感を優先させた孫さんの姿勢は褒められるべきであると思う。

後は・・・デザインかな。これは主観の問題ではあるが、まあ大体の人がXperiaの方が美しいと感じるのではないだろうか。まあ、案外こういうところで手を抜かないのが重要だったりするんだけど、スマホの場合は、それよりも画面内のインターフェイスの質が問われるから、それを考えると、Xperiaのデザイン性は、普通のケータイほどにはものをいわないのかもしれない。

そんなことで、iPhoneが出た時に、iPhoneに興味はあるけど、ソフトバンクじゃなー、と思ってスマホを諦めたドコモユーザーにとって、Xperiaは救世主であるはずだったのだが、今回のHTC Desireの発表によって、少しだけ見劣りのするものになってしまった。

さて、考え方としてはふたつある。これからのソフトバンクの通信品質の大幅な改善に期待して、思いきってiPhoneの世界に飛び込む、または最新androidOSを搭載したHTC Desireに乗換える。

あるいは、どうやら最新じゃないっぽいけど、やっぱりMNPは面倒だし、まだまだドコモの通信品質にアドバンテージがあるから、ということでそのままXperiaを買うか。

私は取り合えず、後者でいいのではないか、と思う。OSが古いと言っても、普通のケータイとスマホでは便利さがまるで違う。androidOSを体験したら、恐らくi-modeを解約してもそんなに不便がない。むしろ、なんであんなもので満足していたのか、と思うのではないだろうか。それに内蔵のCPUなどの性能差はほとんどないようだから、取り合えずはandroidOSでスマホの便利さを実感し、慣れてきた頃にOSのバージョンアップがあって、さらに便利!みたいな体験をゆっくりと味わえばよいと思う。

だから、安心してXperia買えばー、なんて思っちゃうんだけど、一度スマホ体験しちゃうと、ますます隣の芝が青く見えてくる、という危険性は大いに孕んでいる(笑) そこまで、のめり込むか、あるいはオレ、私にはこれで十分、と思うか、は、そここそ人によるんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。