今年を振り返って。

・・・と読んでる人には全く関係ない話だが、WordPressのエディターが全く変わってしまって驚くわ。設定してたプラグインとかも使えないし、どうしたものか・・・

ま、それはともかく、今年もここ2、3年とほとんど変わることなく終わった、などということを年末にちらっと報告して終わることを予想していたのだが、結果は全然違った。

友人、突然の帰阪。

社会人になってから友人関係になった人って何人もいないけど、そのうちの一人が今夏、突然大阪に帰ってしまった。今でもLINEやTwitterで連絡を頻繁に取り合ってるから、あいつ、今頃どうしてるかなぁ?なんてことにならないのが、いかにも現代って気もするが、その後、週末友人と会う、というイベントもほとんどなくなってしまい、週末の過ごし方が硬直化してきてしまっている。

私の通常の週末の過ごし方と言えば、通院、打ちっ放し、後はかみさんと過ごす。大体この3つ。

元が出不精なんで、連続して週末のイベントなんかに誘われると「えー」なんて思ったりするのが、本音だったりするのだが、それでも過ぎてみれば楽しかったと思うのもこれまた事実。そんな訳で、友人の帰阪以降、さらに地味に日々を過ごしている。これはこれで寂しいねぇ。

続きを読む

スマホの価値。

日本の携帯大手、iPhone XRの値下げ計画=WSJ(ロイター) – Yahoo!ニュース

だって高いもん、で話は終わるんだが。それでは記事にならないので少しだけ。

Appleが本来売りたいであろうiPhone XS と XS MAX。ユーザーが一番欲しそうな256GBのそれぞれの値段を見ると129800円(税別)と149800円(税別)。いくら機能が優れていてもほとんどのユーザーは純粋に高い、と思うだろうし、実際高くて手が出ない、という人もかなりいると思う。その救済策としてのXRなんだろうが、これがまた中途半端なモデルなんだよな。128GBモデルで90800円(税別)。税込みなら約98000円で廉価モデルといえども約10万円であまりお得感はない。更に頂けないのがXSより大きくて重いという点。これでiPhone 8並の小さい液晶にして値段も下げておけばこのモデルの存在意義もあったと思うが、安くない、小さくもない、そして上位機種と形は似ているということで、逆にベゼルレスiPhoneの焦点がぼやけてしまう原因を作ってしまった。
続きを読む

同じスマホを4年使うつもりの人は、3年目以降は格安SIMで十分。

auはドコモの値下げに追従せず「すでに3割値下げしている」 – ライブドアニュー

こんなニュースが出る前からauは見切ってたけどね・・・。

ちょうど先月でiPhone7の24ヶ月の割賦が終わって、そのまま割賦支払金がなくなって請求料金が安くなるなら機種変なしでauを継続しようと思っていた。しかし、そのタイミングでまた毎月割も終わり、その結果、毎月3500円ほどの端末代の支払いがなくなるにも関わらず、今後の毎月の支払い金額はこれまでと比べてもマイナス1000円ぐらいにしかならない。毎月割がないなら新しい料金プランに変えるかな、と思っても、マイナス1000円の適用が受けられるスマホ応援割は、機種変更した人だけ。どう転んでも支払総額だけは下げさせないぞ、というauの気迫が感じられる(笑)
続きを読む

クルマの操作は複雑になってる?

シフトレバーはもはや不要? 広まる「プリウス式」、全スイッチ化も 小型化はどこまで進む(くるまのニュース) – Yahoo!ニュース

レンタカーを色々借りて乗ってきたけど、最近はシフトレバーの設計の自由さに驚かされることも少なくない。例えば、アクセル、ブレーキは効き具合は千差万別とはいえ、場所と大体のペダルの硬さは一緒なのに、どうしてアクセル、ブレーキと同じぐらい操れなければ全く運転出来ない大事な部品であるシフトレバーは、クルマによってあんなにバラバラで良いのだろうか?
続きを読む

なんだかんだ言っても新しいiPhone買うんでしょ?って早く言いたい。

iPhone – Apple(日本)

新しいiPhoneが発表になった。で、ヤフコメを見ると例のごとく「高い」「機種変の必要を感じない」「SEの後継が出ないと買わない」との書き込みのオンパレードだが、いやいや高いと思ってもどうせ買い換えるんでしょ?と。ヤフコメに書き込んでいる連中をノイジーマイノリティとまでは言わないが、あれを一般的な総意と考えてマーケティングしてしまうと思いっきり失敗するんだろうな、と思う。例え今、「iPhone SE2」みたいな商品が出たところで、需要はごく少数だと思うけどね。
続きを読む

趣味が保守化する団塊ジュニア世代・・・だって。

ゲームも漫画も“昔の名前”… 趣味が保守化する団塊ジュニア世代 | マネーポストWEB

私も45歳なんで、中川氏の言うこともよーく分かる。現に30歳代後半で、すでに新しい音楽やゲームを受け入れられなくなっている人も見かける。私も正直、つい最近まで情報のアップデートが疎かになって、音楽もゲームも趣味が保守化しかけていたが、最近一気にキャッチアップした。
続きを読む