世界で日本の賃金だけが上がらない真の理由

会社経営して利益も出してる私が賃上げをしない理由 : はてな匿名ダイアリー

会社経営者が匿名で記事をアップしているが、「給料が上がらない = 給料が固定費になってしまっているから」というのは、経営者の言い訳ではなく、本音のところだと思う。

時代の変化のスピードが速く、急に儲かることもあればその逆もある。しかしながら、正社員のクビは簡単に切れず、給与も下方硬直性があり、なかなか下げられない。

私は雇用の流動性は凄く大事だと思う。・・・こう書くとどこかの平蔵さんと同じ意見になってしまうが、どこの会社も簡単に正社員をクビに出来る代わりに、簡単に正社員として雇い入れられる・・・たしかにいきなりクビにされるのは辛いが、同等程度の次の仕事がすぐ見つかるだろう、という雰囲気があれば、そこまで絶望的なことではない。

むしろ、良くないのは、年を取ればとるほど純粋に転職は難しくなるし、家族が増えると更に会社を辞めづらい。転職をしても今のところより良い条件の仕事がまず見つからない、という空気が社会全体を覆っていること。これにより、社員は劣悪な労働環境に置かれても、会社を辞められないし、会社もこれ幸いと社員をこき使う。

これが仮に、この会社ブラックだし、すぐ辞めるわ、他の仕事もいっぱいあるんだし、という空気であれば、会社も社員により高い賃金を払うだろうし、労働環境にも気を配るだろう。

ただ、現在の日本社会の雇用システムはより悪い方向に向かっている。正社員は立場的には安定しているものの、固定費と見なされ賃金アップとはなりずらい。更に派遣社員はそれぞれの会社には既に正社員がいるため、極端な雇用の調整弁となっており、賃金も少なく、雇用も安定しない、という悲惨な状況になっている。

その派遣社員も労働人口における割合が増える一方で、もちろんこの人たちは消費に回せるお金も少ないし、人口増にも貢献しない。

こんなことだったら、もう日本の会社に正社員いらないじゃないかと思う。経営陣は野球の監督・コーチみたいに高給を取る代わりに結果が出なかったらクビ。一方、社員も派遣しかおらず、雇用の安定はないものの、色々な会社に勤めることが出来る。

確かに身分の安定がなくて大変な部分はあるが、正直、加速度的に変化し続ける社会において安定というのはある程度、捨てなければならないと思う。それにある程度、色々な会社を転々としたほうが、業界、その会社の変な風習に捉われずに済むし、案外自分に一番向いている仕事に出会えるかもしれない。

が、そういうドラスティックな変化は日本人は望まないだろうね・・・

大坂なおみに関するあれやこれやのヤフコメを見ての雑感。

大坂なおみ 休養示唆で今季終了も「次の試合いつか分からない」 テニス全米OP3回戦敗退(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

大坂なおみ、えらい叩かれようだけど、私はちょっと彼女に同情的なんだよね。まだ23歳の若い女性だからね・・・ もちろん、観客席にボール打ち込んだりとかプロとしておよそあり得ない行為なんだけど、そりゃ世の中には肉体的能力とマインドセットのバランスが悪い選手だっているだろう、と。

伊達公子がまだ25歳だかで一旦現役引退したと記憶しているが、先日なんかのインタビューで見たら、当時はプレッシャーが半端なく、とにかく辞めたくてしょうがなかったと言っていた。引退当時はまだランキングトップ10の選手だったので、もったいないと思ったものだが、好きで始めたテニスが楽しめなくなったのでは、まあその決断も必然のものだったのかと今は思う。

リドリー・スコット監督のグラディエーターっていう映画があったけど、スポーツ選手は奴隷とは違うが、それでも現代版グラディエーターみたいなもんだな、とよく思う。勝てば王様始め、皆からの賞賛を受けるが、負ければ肉体的に殺されはしないが(なんか実際に殺された南米のサッカー選手がいた気がしたが・・・)、精神的に殺される。

テニスは個人競技なので、よりそのグラディエーター的要素が強いと思う。

続きを読む

東京五輪2020以降のデジタル・タトゥー

開会式演出 小林賢太郎氏が解任 – Yahoo!ニュース

なんか歴史の流れが変わったなぁ、と思うね。

小山田圭吾の辞任については、日本人ならではのポリティカル・コレクトネスのいやらしさを象徴する案件だと思って見ていたが、小林賢太郎の件では、ポリコレで言えば、海外の方がもっとえぐい、海外の方がより問答無用、ということがよりはっきり分かったと思う。

小山田圭吾の場合は、パラリンピックの音楽を担当するのに自分自身が苛烈な障害者いじめを行っていたということだから、まあ退任も仕方ないかな、と思っている。それでもいじめは小学生時代、インタビュー記事も90年代のものということで、またずいぶん古い案件んをほじくり返されたものだなぁ、と正直思った。そして、それに続いた、別のテレビ局の小山田圭吾が関わった作品も放送延期、あるいは音楽差し替えなどに至っては、正直やり過ぎというか、テレビ局側が炎上の火の粉を浴びるのひどく嫌って、すぐ切ったという気がする。ここまでいくとただの自業自得で済むのかな?と思う。

続きを読む

ファミコン探偵倶楽部をクリアして「消えた後継者」編

久々にゲームの話題。

筋トレだの、DTMだのでなかなかゲームまで手が回らなかったのだが、私をアドベンチャーゲーム好きに変えてしまった原点のひとつである「ファミコン探偵倶楽部」のリメイク版だけはどうしてもプレイしなければならなかった。

オリジナルのファミコン探偵倶楽部には「消えた後継者」(1988)と「うしろに立つ少女」(1989)の2作品があるが、今回Switchで発表されたリメイク版はそれぞれダウンロード販売しか行われない。

しかし(私のような)ディープなファン向けに「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女 COLLECTOR’S EDITION」というフィジカル版が発売されている。(※2021/7/19現在、すでに新品では買えない模様) もちろん私はこちらを購入。歳がばれるが、オリジナル版をリアルタイムで遊んだ人間はこの商品を手に入れる義務があると思う。(※令和最新版、個人の感想です。)

さて、早速ネタバレもりもりでそれぞれのゲームを今更レビューするぞー。

続きを読む

最新の外付けSSDを購入。早速外付けHDDと比較してみる。

外付けHDDが遅い!

DTMをやっていると、1つのソフトにつき音源データが200GBいる、というのが割とあったりして、とてもiMac内蔵のSSDではデータが収まらない。そんな訳で、外付けHDDにデータを置いていたのだが、これがまた読み込みが遅くて、DAW(音楽制作ソフト)で制作中の曲を再生するとかなりの頻度で、外付けHDDの読み込みが遅いせいで再生がストップしてしまう。これが写真加工とかなら少し待てばいい話なのだが、音楽や映像は、いちいちロードで立ち止まってしまっては流れが確認出来ないので、データの読み込みにも瞬発力が求められる。

そんなことで思い切って外付けSSDを導入することにした。それもなんと2TB。いまどきHDDの2TBなら、1万円出さずに購入出来るが、SSDとなるとそうはいかない。外付けSSDの同じシリーズの1TBのものと比べても倍以上の値段がするので、あまりお得ではないのだが、すでに現時点で1TBほどDAWで読み込んだらすぐに出てきてほしいデータがあるので仕方がない。

立ちはだかるのUSB規格の壁

その外付けSSDであるが、データ転送速度別で結構色々種類がある。私が所有しているiMac(2017)にはThunderbolt 3対応USB-Cポートが2つあり、これは40Gbpsという転送スピードを誇るが(M2タイプの内蔵SSDと理論上同じスピード)、Thunderbolt 3で接続出来る外付けSSDは法外に高いので、流石にこれは購入対象から除外。

一方、USB-Cポートとは言っても、私のiMacのやつはUSB3.2の最高転送速度である20Gbpsではなく、10Gbpsが最高のバージョン。発売当時はUSB 3.1 Gen 2という規格名で、現在はUSB 3.2という規格にまとめられたため、現在でいうところのUSB 3.2 Gen 2という規格だ。

続きを読む

【エレノア・フォルテ】Hunting High and Low – A-ha Cover – 【ボカロ】

2曲目、出来た。

ボーカルはSynthesizer Vの英語が歌える数少ないシンガーのエレノア・フォルテをチョイス。前の小春六花 日本語版に無理やり英語を歌わせたやつも面白かったといえば面白かったが、この曲はちょっとシリアスな曲調なので・・・

続きを読む