なんだかんだ言っても新しいiPhone買うんでしょ?って早く言いたい。

iPhone – Apple(日本)

新しいiPhoneが発表になった。で、ヤフコメを見ると例のごとく「高い」「機種変の必要を感じない」「SEの後継が出ないと買わない」との書き込みのオンパレードだが、いやいや高いと思ってもどうせ買い換えるんでしょ?と。ヤフコメに書き込んでいる連中をノイジーマイノリティとまでは言わないが、あれを一般的な総意と考えてマーケティングしてしまうと思いっきり失敗するんだろうな、と思う。例え今、「iPhone SE2」みたいな商品が出たところで、需要はごく少数だと思うけどね。

・・・などと言ってる私も、実は新しいiPhoneは買わない(笑) 新しいiPhone自体には魅力を感じていて、この前iPhone7の電池を換えにアップルストア表参道店に行った時にiPhone Xを触って来たが、大きい画面と有機ELの美しい表示は改めて魅力的だと思った。

だけども、最近何度か書いているがiMacを7年ぶりに買い替えて、しかもローンを組んでしまっている。私はiMacを買う前まで、新調するならiMacかiPhoneのどちらかだけだ、と思っていたのだが、今回はiMacを新調することにした。
その大きな理由はなんだかんだ言ってもiPhone7はまだ2年しか使っていないということ。もちろんカメラ機能など新しいiPhoneに比べて大きく劣る点も出てきたが、アプリにウェブブラウジング、メール、ほぼつっかえる動作もなく快適そのもの。確かにiPhoneとiMacであれば、使う比率としては9:1ぐらいでiPhoneの方が上なのでその辺りを考えもしたが、とにかくiPhoneは後2年使おうと。iPhoneの割賦を払い終えるのと同時に格安SIMに移って、iMacのローンの出費を少しでも和らげるつもり。

確かに見た目的にはiPhoneも大幅アップグレードを遂げたように見えるが、使用目的に対する性能という意味ではかなり成熟期に入ってきていると思う。そもそも2年に1回買い換えるというのも、iPhone3や4ぐらいの端末の急成長期なら分かるが、現在ではそこまで躍起になって買い換えるものでもなくなってきているのではないかと思う。・・・とか言いながら、金があれば両方遠慮なく買い換えるんだけどね(笑)

一方でApple Watchはまだまだ成長期と言っていい。Apple Watch series3にしたって、アプリの起ち上がり時間からしてあまり実用的ではない。(普段見るすぐに見るようなアプリは軽いが、例えば地図アプリなど結構待たされる) そういう意味では、便利に使っている人ほど、まだまだ買い替えサイクルの早い商品と言えるだろう。

ま、ざっとそんなことを思ったね。まあでも売れるでしょう、今度のiPhoneは。とにかくこの件に関してのヤフコメの書き込みだけは私はあまり信用していない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。