不景気を実感する出来事。


実家が近いのでちょくちょく様子を見に行くのだが、その時、母親に近所のスーパーで洗剤のセットを買ってきてくれ、と言われた。その時に母親に聞いたのが、某粉洗剤の内容量が最初は1100gだったのが、1000gになり、いまでは900gになっている、という話。

これを聞いて、いやー、日本って本当にスタグフレーションだなぁ、と実感した。

私自身は缶コーヒー愛好家で、ショート缶をよく買うのだが、ショート缶もこの15年ぐらいで、内容量が190gから170gまで減っている。数値を確認したわけではないが、チョコレートのお菓子も内容量が減っているようだ。

上記の商品は消費税分値段は高くなっているが、基本的にそれほど値上げはされていない。

本来なら原材料費が高くなっているなら、その分販売価格に反映させるのがある意味正しいインフレだ。

ただ、そのあたりは企業は流石によく分かっていて、日本の家庭の可処分所得はここ20年も増えておらず、値上げは致命傷に繋がりかねない。この原材料費の高騰をどこで吸収するかというと内容量の減少で対応するしかない。

近所のスーパーで思い出したが、そのスーパーは2階建ての2フロアで営業していたのだが、数年前に生鮮食品のみを1フロアで扱う規模の縮小をした。そして空いた2階に入ったテナントと言えば・・・・しまむらと100円ショップ。これもまた経済の実態を見事に反映してるなぁと思った。

そんな訳で、日経平均株価は上がり、企業の利益も増えているといいながら(コロナは置いておくとして)、庶民の実態はみんな給料が増えないなか、そして税金は上がるなか、庶民は安い消費財を買って糊口をしのいているな、と実感する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。