NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE 13 ULTIMATEを一番安く入手する方法


手持ちのKOMPLETE SELECTを ULTIMATEにアップグレードしてしまった。

ULTIMATEは普通に単品で買えば144,400円する代物。ただし発売元のNative Instruments(以下、NI)ではサマーセールを2021/6/2から6/30で行っており、この間、過去のKOMPLETEや下位グレードからのアップデート、アップグレードが半額!

そんな訳で私も手持ちのSELECTというグレードから一気にULTIMETEにアップグレードした。

Native Instruments KOMPLETE 13 ULTIMATE UPG FOR SELECT(アップグレード版)【期間限定 SUMMER OF SOUNDキャンペーン】

それでも高いけどね・・・

KOMPLETE 13 ULTIMATEを一番安く入手する方法

ちなみこのセール期間に最も安くをKOMPLETE 13 ULTIMATEを手に入れる方法は、単体で半額になっていればそれを買うのが一番早いのだが、あいにくアップデート版、アップグレード版しかセール対象になっていないので、まずNIのサイトで同時期に半額セールを行っているKOMPLETE 13 SELECTを買う。(定価25,400円のところ、期間限定12,700円)そこでSELECTを入手すれば、上記リンクにあるSELECT用のアップグレード版を利用してULTIMATEをゲット出来る。総額12,700円+59,400円=72,100円。

これでも高いと思うのならすっぱり諦めましょう(笑) ただ、KONTAKT製品版ぐらいは欲しいなぁ、という方はいわゆる無印のKOMPLETE 13にアップグレードする、という手もある。これであれば、通常時のKONTAKT製品版の値段に少しお金を足しただけでKOMPLETE 13が手に入るはず。

なぜ KOMPLETE 13 ULTIMATEを購入するに至ったか。

理由は簡単。結局いつか欲しくなるから。無印のKOMPLETE 13でも十分との向きもあるだろうが、ULTIMATEの方に本当に使いたいやつが入っている。

具体的にはSESSION GUITARIST – ELECTRIC SUNBURST DELUXE、SESSION GUITARIST – PICKED ACOUSTIC、SESSION STRINGS PRO 2、SESSION HORNS PRO。この辺りが無印と差別化が図られていて(ほかにも色々あるが特に私が気になるところ)、なんいうかうまいことULTIMATEに誘導出来てるというか(笑)

KOMPLETE 13に費用を費やすだけの価値があるか?

買っといてなんだが、これは結構難しい問題。KOMPLETE 13 U を持っていれば、これ一つで楽曲制作は絶対に出来る。だけども、最近は非常の優れた専用音源がたくさんあり、それに比べNI製品単体をひとつひとつ比べてしまうとどうしても若干劣る印象が否めない。しかし、NIの場合、単品でバカ高い専用音源を出すような会社ではないので、仕方がない面はあるが。だから、作るジャンルがしっかり決まってる人は、KOMPLETEを買うお金で、それぞれジャンルに特化した音源、エフェクトを揃えた方がより目指している音がクリアに出せるとは思う。

だけども・・・これは買った自分を納得させるためにも言うのだが(笑)・・・持ってて安心。総合音源。それもそれなりのやつじゃなくて、かなりクオリティの高いやつ。主役の音がいいに越したことはないのはもちろんなのだが、サビなどで音に厚みを出すためのにぎやかし要員のわき役音源もこれはこれである程度クオリティがないと出来に差が出るんだよねぇ。(※個人の感想です)

そんな訳で気になっている人はチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。