静岡、男一人旅。


昨日(2009/03/21)、一人で静岡に行ってきた。前から3連休の真ん中ぐらいに一泊か日帰りでどこか行ってこようと思っていて、最初は、仙台〜松島を見てくるつもりだった。しかし、新幹線を使うと意外と交通費が高い。どうしようかなぁ、とぐだぐだ悩んだ揚げ句、連休1日目は気分転換に近所に出掛けたりもして、結局何も決まらず。そして日付も変わろうか、という頃、試しに仙台の翌日の最高気温を調べたところ、9度。こりゃあ、海岸っぺりは寒いぞ、ということになり、急遽、行き先を以前から親に勧められていた静岡の三保の松原に変更。三保の松原だけじゃ寂しいので日本平にも行くことにし、それぞれ鉄道、バスの乗り継ぎが悪いので、静岡駅でレンタカーを借りる、ということを10分ぐらいで決めて、ネットで翌日の新幹線のチケットを予約してそのまま就寝。


翌朝、自宅を8時頃に出て、新横浜まで行く。そしてそこから9時半頃のひかりに乗って静岡へ。所要時間が44分だったろうか。結局、新幹線に乗っている時間より新横浜まで辿り着く時間の方が長かった。静岡駅についてからは、まず北口に降り、徒歩10分ぐらいの距離の駿府公園を軽く散策。東御門と家康像(駿府城本丸跡)を軽く見たあと、すぐに引き返して、静岡駅南口にてレンタカーを借りる。当初は一番安い軽を借りるつもりであったが、あいにく全て出払っていて、デミオなら用意出来ます、とのこと。思わず、一昨年の彼女との旅行を思いだす。しかし、今回のデミオはモデルチェンジ後の新しいデミオであった。

ま、そんなこんなで静岡駅からようやくクルマで出発。目指すは日本平。日本平パークウェイというワインディングロードを登らなければならなかったのでちょっと不安だったが、そんなに距離がなく、静岡駅から約30分ほどで日本平ロープウェイ駐車場に到着。思ったより近かった。時刻は11時半頃、ちょっと早めの昼食を、と思ったのだが、あまり気の進む食事どころがなく、先に日本平ロープウェイで久能山東照宮を見てくることに。ちなみに久能山という切り立った山に家康が埋葬されたというというのがこの久能山東照宮である(Wikipediaより)。のちに日光東照宮に移されたらしいが、そんな訳でこちらが東照宮の元祖。昨年の10月に50年に一度行われる、漆の全面塗装を終えたばかり、ということで非常に色鮮やかであった。日本の神社仏閣にしては、派手な色使いなんだけど、それでも中国のそれと比べるとどこか落ち着いている、というか。閉じられた空間で狭いながらも、起伏を活かした境内の構造、また、各所に緻密な意匠がほどこしてあり、神社仏閣好きなら外せないところかも。

東照宮見学も終えて、クルマで3分ぐらい下ったところのその名も日本平という場所にクルマをとめて、よくあるドライブインの様な食堂に入る。しかしながら、席に案内される様子が全くなく、だだっ広い店内に一人で来ているのは私だけ、という気兼ねも手伝って、そのまま店を後にした。おそらく店員は私が店に入ったのも出ていったのも気付いてなかったと思う。別にいいけど。そんなことで、よっぽどキムタク主演の「華麗なる一族」のロケ地にもなった日本平ホテルで豪華な昼食でも取ろうか、と思ったが、そもそも予約なしにクルマで乗りつけて、昼食にありつけるのかどうかもよく分からず、そのまま日本平パークウェイを清水の方向に降りて、一路、三保の松原を目指すことに。動き回って、写真もいっぱい撮ってお腹が空いていたけども、まあしょうがない。

日本平から30〜40分で、三保の松原に着いた。こちらも意外と近い。ここでようやく、もうどこでもいいや、ということで一軒の飲食店に入る。お店の看板嬢(実際はお婆さん)に「あらお兄さん、一人旅? 相棒も連れてくれば良かったのに。」と言われ、返事に窮す。食事はこの辺りの名物らしい桜エビの入った天ぷらと茶そばのざるそばの定食。まあ、おいしかった。ちなみに値段はちょっとお高め。観光地料金か。

さて、腹ごしらえも済んで、ここからじっくり三保の松原見学。見たら本当に松原。暴れん坊将軍のオープニングのロケ地がここだった、というのも十分うなずける。あまり松がありすぎて、松の遊歩道は全て見て回るのを諦め、松原を抜けると目の前には太平洋が。いや〜、久々に海を見た。前に江の島行って以来かな? 少なくとも江の島の海よりは水が綺麗なように感じた。この日は天候的には薄手の上着があれば丁度良いぐらいであったが、海岸っぺりは海風が強烈に吹きつけていて、思わず上着の襟を立てた。もうちょっと暖かければ、海辺でもうしばらくぼーっとしていたかったところだけど。

時計を見ると4時。明日も休みだし、慌てて帰る必要もないが、私的には見るべきものは見た、と思い、国道150号を海沿いに走り、その後、まっすぐ北上して静岡駅でレンタカーを返すことにした。この海辺のドライブもなかなか爽快であった。

最後は券売機で指定か自由席か迷った揚げ句、44分立ちっ放しを覚悟で自由席券を買って、5時36分発のひかりに乗り込んだ。間違って喫煙車両に乗り込んだのが計算違いであったが無事座れ、途中駅の三島で前の車両で荷物を纏めている人を確認し、禁煙車両に移って新横浜まで行った。帰宅したのが7時半すぎ。静岡駅まで2時間切ってるってのはちょっと凄いなぁ、と思った。

そんなことで、無計画に行った割には効率よく回れたと思う。ただ、小規模とは言えない今回の旅行、しかもレンタカーも借りて、となると流石にこの感動を共有出来るまさに「相棒」が欲しかったな、と思ったのも事実。僕はもっと一人旅を楽しめる人間だと思っていたけども。さて、後は写真を整理して、順次ブログにアップして、来週には彼女に写真を見せて、黙って旅行に行ったことを怒られて(笑) そんな訳で、しばらく旅行の余韻を続くと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。