SHURE SE310買った。

 
先月は全くこれといった嗜好品を買わなくてお金も貯まったんだけど、今月は駄目だ〜。まず、iMacのハードディスク買ったでしょ。そして、今度は新しいイヤフォンを買ってしまった。これは本来全く買う予定ではなかったのだけど・・・。

買ったイヤフォンというのはSHUREのSE310。アマゾンで、26000円。イヤフォンとしては安い買い物じゃないよね。そもそも僕はもともとSHUREのE4cというイヤフォンを持っていて、その性能に十分満足していた。しかし・・・

よく断線するんだ、このイヤフォン。E4cは1年前ぐらいに、プラグの部分が断線して、片方が全く聞こえなくなった。まだ保証期間内だったので、E4cを買ったサウンドハウスに電話したところ、着払いで品物を送ってくれ、と言われて、(ちなみにコンピュータに購入記録が残っていたらしく保証書などの添付は一切求められなかった。素晴らしい!) 送ったところ、中2日ぐらいで、新品を送り返してくれた。それはそれで喜ばしい対応だったのだが、今度は耳に掛ける部分の被膜が破れてきて中の銅線が見えて来た。この時点でもまだ保証期間内だったが、なんとなく対応のいいサウンドハウスに2度も新品交換させるのも悪いなぁ、と思って、黒のビニールテープで応急手当をしてなんとかやりすごしていた。

ところが、ここで妙案を思いついた。熱圧縮チューブというのがあって、その名のとおり、熱を加えると縮むゴムのチューブ。昔、配電加工用に熱圧縮チューブを買ってあったので、これを使えば、スマートに破れた被膜部分を補修できるのではないか、と思い、実際、取り組んでみたが、熱圧縮チューブはほとんど伸縮性がなく、上からも下からも破れた部分にチューブを届かせることが出来ない。そこでチューブに縦に切れ目を入れて、破れている部分に巻いて、ドライヤーを当ててみたりもしたが、切れ目の部分がみるみる縮んで、中の破れた部分が見えてきてしまう。結局、破れた部分に切れ目なくスポッとかぶせないとダメなのだ。スポッと全体にかぶせるにはもう破れた被膜部分を切断して、そこに熱圧縮チューブを入れて、
切れた銅線をよって、その上にチューブを移動させ、熱を加えるしかない、と思った。で、そのとおりに実践したところ、銅線の中に隠れていた赤いケーブル発見・・・。が、時すでに遅し。音を伝えるのは銅線のみと思い込んでいた自分が悪いのだ。これを修復する手立ては流石にない。

という訳で、スパッと頭を切り替え、新しいイヤフォンを購入することを決意。(今思えば、このときあまりショックを受けなかったのは、黒のビニールテープ巻きのイヤフォンに若干嫌気が差していたので、なんとなく心の奥底で買い替えを望んでいたからではないだろうか。)

私が買ったE4c-NというモデルはSCL4-Bと名前を変えて、22000円でサウンドハウスで発売している。これを買おうかとも思ったが、なんとなく同じものに改めて2万円も出すのは馬鹿らしい様な気がしてきて、若干高いが、E4cの後に、新たに開発され、一応E4cの後継モデルと目されているSE310を買った。おそらく現在(2008/9/17)ではアマゾンが最安値を付けている。サウンドハウスはいくらだったろう? 今更だが、多少の値段の違いなら、サウンドハウスで買っておけば良かった。実際何かあったときにアマゾンにどう連絡をつけるのか全く思い浮かばない。

さて、実際通勤片道分しか使ってないが、とりあえずファースト・インプレッションなどを述べようと思う。形はE4cの方がスマートでかっこよいが、SE310も写真でみるほどはずんぐりむっくりではなかった。そして、最初からついているあたらしいソフトイヤーパッドが素晴らしい。きっちり周囲の騒音を防ぎながらも、耳から外すときも今までみたいに、耳に吸い付いてパッコンとなるのではなく、ふつうのカナル型じゃないイヤホンの様に耳からすっと離れる。これは誰しも使いやすいと感じるのではなかろうか。ただし、E4c用にも使えるらしいので、持ってる人はこのソフトイヤーパッド欲しさにわざわざ買い換える必要はない。

肝心の音について。まあ、E4cに満足していたし、正直インプレッション出来るほど繊細な耳の持ち主ではないが、まあ低音がより出るようになったかなぁ。繰り返しになるが、iPod付属のイヤホンからいきなりE4cにして、あまりにカルチャーショックがありすぎたのだが、今回はそんなことはない。ただ、E4cより音が劣るということは決してない。それだけで僕は満足。後、E4cと若干音の味付けが違うような気がするが、具体的にどこがどうとは言えない。まあ、すぐ慣れるし、しばらく聞いてると新たにSE310の良さを発見するかもしれない。

つまらないインプレッションで申し訳ないが、上記が正直な気持ち。僕としてはE4cと同等品を買ったつもりなので、あれ?こんなもんなの?というのさえなければ、とりあえず満足。

また、しばらくしたら、ケーブルのヨレ具合も含めて報告しようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。