メルセデス・ベンツGLA180 試乗記

今回は友達との日帰り旅行に出かけるのにベンツのGLA180を借りた。人生初のベンツ。もちろん乗るのも運転するのも初めて。まあGLA180はベンツのラインナップの中ではかなり安価な部類でだからこそなんとか借りることも出来たのだが・・・

乗ってまず戸惑うのがハンドル周り。外車だからハンドルの左側にウインカー、というのはまあしょうがない。(ちなみに借りたGLA180は右ハンドル) ただシフトレバーがハンドルの右側にコラムシフトのようについていて、これには最後まで違和感があった。やはり普段右ハンドルのクルマに乗っているとシフトはクルマの真ん中、つまりハンドルの左側にないと何か気持ちが悪い。

これが左ハンドルのクルマなら多分違和感もそれほどないのだろう。左ハンドル車なら窓側にウインカー、センター側にシフトレバーとなる。ハンドルの位置を左から右に変える大工事が出来るなら、シフトレバーとウインカーも位置も逆に出来そうなものだが、凄く難しいのかそれとも値段に跳ね返ってしまうのか・・・

乗り心地・動力性能
乗り心地はどうだろう?国産車と比べたら少し固いのかもしれないが、最近の国産車もそういった傾向があるので特には気にならない。ボディは流石にがっしりしてる感じ。SUVで腰高なはずだが、全くのセダン感覚でコーナーも曲がれる。着座位置が多少高いことによって全体が見渡しやすく、運転の疲労度も多少軽減される。

エンジンはガソリンエンジンで1600ccのターボ。主にドライブモードを「Comfort」で運転していたが、今時のエンジンにしてはめずらしくちょっとターボがかかるタイムラグがあるように感じたが、今時1600ccのターボであれば必要にして十分。ちなみにモードを「Sports」にするとターボのタイムラグが消えて、レスポンスがリニアになるが、今度はエンジンの騒がしさが目立ってくる。この辺は排気量に余裕がないので仕方がないが、ベンツっぽさは少し失われる感じがする。(尤も他のベンツは運転したことがないのであくまでイメージの話(笑))

インテリア・エクステリア
インテリアは私が普段借りるレンタカーに比べると流石に豪華に感じた。革張りでこそないものの(逆に革張りだったら借り物のクルマだから緊張する)、はいベンツですよ、高級車ですよ、という内装。またドアを開けるとサイドステップの下に「Mercedes-Benz」という文字が光る。オーナーの満足感をくすぐる良い出来だと思った。

一方、エクステリアだが、写真に載せた通りの最近のベンツのいかつめの顔。私はかっこいいと思う。しかし、ベンツにせよBMWにせよ、コンサバティブな中にも大胆に現代風のデザインを取り入れていて、いちいちかっこいい。そういうデザインの伝統と革新を、軽も作れば、ミニバンも作らなくてはいけない日本車に求めるのは酷ではあるが、やはり大きな差を感じてしまう。

まとめ
ベンツのCLA180とかGLA180って、実は目が飛び出るほど高い価格ではない。だけれども、高級感は相当にある。そうなると国産の豪華めのSUVを検討してる人なんかにとっては十分選択肢にはいるクルマだと思う。明らかな廉価版ではないのに、一部の国産車と競合する様な価格のベンツが存在していることにちょっと驚いた。まあ中流階級の家庭に一台このGLA180があれば相当な自慢にはなるだろうね。プライスバリューもあり、高級感のあり、クルマの出来もいい。ベンツブランドの高級感は保ちつつ、こういった戦略車がこれからも出てくるのであれば、日本のメーカーにとっては脅威だろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。