カーナビ対決! 「Apple マップ」vs「Google マップ」vs「Yahoo! カーナビ」

この2ヶ月、友人の廃車予定のクルマを拝借して、適当にお出かけしているが、生憎このクルマにはナビが付いていない! ・・・という訳で、手持ちのiPhone7で無料カーナビアプリを色々試してみたら、各社色々な傾向が見えてきたので、ざっくりと報告したい。(検索したら他サイトの方がはるかに有益な細かい情報が載っていたが、まあ気にしないで書き続けてみる)

Apple マップ
「パチンコガンダム駅」で衝撃(笑撃?)のデビューを果たしたことも、もう記憶に古いApple純正「マップ」。初期の頃は、有料道路を避ける、などの選択肢もなく(今では設定可能)、端からカーナビの候補に入れてない人もいるかもしれないが、今回使用してみた結果、私は意外と使えると思った。特にiPhoneを横にしたときの画面のレイアウトは今回比較した3つアプリの中でもApple マップが一番見やすいと感じた。普段の3Dビューでは上空30度の角度から見下ろす感じで、iPhoneを横に向けたときの画面の狭い縦幅でもこの先の道がどうなってるかを遠くまで見せる工夫がある。一方、交差点など曲がる地点に近づくと真上からの拡大したビューに移り、iPhone7の比較的小さい画面の中では、マップ自体は一番見やすかった。後、意外にもと言っては失礼だが、ちゃんと交差点名まで読み上げてくれる。そこまで多数試したわけでもないが、行き先施設などの登録もたくさんあり、また過去に行った場所の再度呼び出しも行いやすい。

Apple マップの弱点としては、3つのアプリの中ではルートの柔軟性が一番ないように感じた。後、渋滞状況はさっぱりわからない。到着予想時間も3つのアプリの中では一番適当なように感じた。(もしかして渋滞を全く考慮せず、到着予想時間を知らせている?) Apple マップで高速道路を試す機会がなかったので、その辺りは判断保留。

最後に・・・私は普段AppleWatchを身につけているのであるが、Apple マップとAppleWatchは連動しているので、例えば左折ポイントで断続的に3回タップ、右折ポイントだと連続的に5回タップなどApple マップと連動してお知らせしてくれる。こればかりは他のナビアプリにはない機能。これがあるとうっかり曲がるポイントを通り過ぎるというミスは起こりづらい。自転車やバイクでの使用にはかなり威力を発揮するかも。

Yahoo! カーナビ
まあ、優秀。このアプリが一番カーナビっぽい。微妙にダサい画面構成も含めて。高速を利用したら、普通のナビのように、IC、SA一覧の様な画面になるし、合流ポイントでも普通のカーナビの様に車線の図解が出てくる。これ、普通のカーナビじゃん!(笑) なぜ、これが無料で使えるのか? うーん、不思議。これではナ●タイムの立場がないではないか・・・と思う。

3つのアプリの中では紹介の分量が一番少なくなってしまっているが、本当に新し目のレンタカーについているメーカー純正ナビと遜色ないレベル。よって、普通のナビと一緒、で大体の説明が済んでしまう。

Google マップ
グーグルが独自で収集しているデータに基づく渋滞情報が常に道路に表示されているので、渋滞状況の把握が圧倒的にしやすい。ただ、隙あれば裏道、といった感じで案内してくるので、運転に自信がない人は使わない方が賢明。大きいクルマを乗ってる人も使わない方がいいかもしれない。実質1車線分しかない交互通行道路や、小型車でないと曲がりきれないであろう狭いところを遠慮なく提示してくる。

ところで、iPhone単体でのナビを使用するにあたって音声の再生もiPhone本体のスピーカーを使用していたのだが、3つのアプリの中では、なぜかGoogle マップの音声案内がダントツで音声が小さい。これは非常に不思議。バグなのか?とすら思うレベル。

良いと思った点は、ナビ中にApple Musicの音楽を再生することが出来る点。ポイントに近づくと音楽がミュートされ、音声案内が始まる。運転中は常にラジオか音楽を掛けている私としては非常に便利な機能だ。ただ、3つのアプリの中で唯一交差点名を読み上げてくれないのがちょっとね・・・画面に交差点名はちゃんと出てはいるのだが。

で、どのナビが良いのか?
Yahoo! カーナビがここまでよく出来てるとは知らなかった。普通に使うならこれひとつで十分。特に有料道路を使用するなどのロングドライブには更にその力を発揮すると思われる。

じゃあ他のはいらないかと言われると案外そうでもない。ナビ自体の能力を除けば、UIや画面の見せ方はApple マップが一番良かったと思う。ナビ能力とてオーソドックスな道しか案内しないというだけであって、取り立てて欠点があるとも思わない。極端なロングドライブでなく、時間も急いていなければApple マップでも特に問題ない。

一方、Google マップだが、時短命!の裏道優先とも言えるナビを私は楽しんだ。Google マップのナビのおかけで近所の知らない近道をいっぱい知ることが出来た。ただ、狭い道をたくさん通る分、より注意力と運転技術が必要になるので、たくさん運転する予定で疲れたくない場合は使用を避けた方がいいかもしれない。

と、そんなことで意外にも三者三様、特徴があり、どれもいいナビアプリだと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。