改めてGmailを使う。

友人にGmailって凄いよ〜、と言われて一応アカウントとメアドだけは取得したものの、実は1年間ぐらいほとんど放ったらかしであった。なぜなら、ブラウザから自分のGmailアカウントにアクセスする手間が面倒というか、それなら普通にローカル(つまり自宅のiMac)のメールソフトを使えばいいや、と思っていたから。ところが最近、事情が変わって来て、今、ほとんどの登録先のメールアドレスをせっせとGmailのものに変えている。その事情を少しだけ説明したい。


まず、これは単に私が無知であっただけの話だが、Gmailはローカルのメールソフトに転送が可能。つまりわざわざブラウザ経由で見に行く必要はない。しかもIMAPを使えば、ローカルで既読や消去を行えば、サーバー側のメールもちゃんと既読になったり消去されたりする。つまり、ローカルとサーバーの同期が図れる。ここが重要なポイント。最近私は会社の行き帰りに公衆無線LANスポットでiPod touchでメールチェックをするのであるが、プロバイダ提供のメアドで受信したものはサーバーから削除されないので、一度iPod touchで見たにも関わらず自宅のiMacで見ると再び未読になっている。つまり同期が取れないのである。そこでGmailの出番。GmailのメールならiPod touchで一度既読にすればサーバーでも既読状態になり、自宅に帰ってきてiMacのメールを見たときも既読になっている・・・はず(笑) はず、というのは、まだちょこまか色んなところで登録したプロバイダのメアドをGmailのメアドに変えてる最中で実際にこの目で確認した訳ではないから。が、恐らく私の解釈で間違ってないと思う。

そんなことで、これからはGmail、積極的につかいます、というご報告。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。