2015年のカメラライフ

こちらは文章中心のブログなのだが、なかなか更新出来ない。昔は言葉にして伝えたいことがたくさんあったのだが、今はそうでもない・・・。感性がすり減ってしまったのかなんなのか・・・。それはともかく、今年はよく写真を撮ったと思う。どんな一年だったか?と問われれば、よく写真を撮った一年だった、と答えたい。

続きを読む

ミラーレス一眼レフカメラについていつも思うこと・・・。

ミラーレス一眼レフカメラについていつも思うこと・・・。本体が小さい、軽いというのは本来であれば、喜ぶべきことなんだけども、画質を追求しだすと、どうしてもレンズは大きく、重くなる。大体、そんなにいい画を吐き出さない標準のズームレンズでも、コンデジと比べれば遥かに出っ張ってしまうから、縦横だけいくら小さくしてもあまり意味がない・・・と思う。むしろ、レンズが大きく、重くなった時、カメラ本体にもある程度の重量と体積がないと操作がしづらい。
続きを読む

Lightroomの中のRAWファイルを一括でJPEGファイルにする。【Mac】実戦編 ※注意事項あり

※(2015/06/28)注意! この以下の方法では、Lightroomで現像した修正後のデータは活かされません! 取り込んだ時の状態のRawファイルがそのままJpeg化されるだけです・・・あしからず。
Lightroomをお持ちの方は「Lightroomの中のRAWファイルを一括でJPEGファイルにする。【Mac・Windows】ファイナル実戦編」をごらん下さい。Automatorの操作に興味のある方は下記へお進み下さい。

前回の記事はこちら「Lightroomの中のRAWファイルを一括でJPEGファイルにする。【Mac】導入編

で、いよいよ実戦編。まずはAutomator。私の場合は、Rawファイルは残しておく必要がないと思ったので、結局下記画像の様なセッティングにしました。
スクリーンショット 2015-06-27 20.42.53
まず一番左の「ファイルとフォルダ」から、左から2番目の「Finder項目の選択を求める」「フォルダの内容を取得」を右の窓にドラッグします。その後、一番左の選択肢を「写真」にし、その後左から2番目の「イメージの変更」をドラッグし、変更後のタイプを「JPEG」にします。取りあえず一連の流れとしては以上で終了です。
続きを読む

CP+でPENTAX K-01を触ってきた。

一昨日の平成24年2月9日(木)、CP+に行って来ました。目的はただひとつ、PENTAX K-01の実機を触ってくること(とコンパニオンの撮影(笑))。次の写真は中肉中背の男性がK-01を実際に手に持っていたところ。

ミラーレスだけあって、ボディーの高さは低いが、厚みは結構ある印象。

続きを読む

K-7を買って2ヶ月半。

まあズバッと書こう。メカはいい。とっても。だが、出てくる絵はイマイチ気に入らない。これは他人のK-7で撮った写真を見てもそう思う。ノイズも多い。ノイズが多いのは、まだ我慢出来るのだが、暗部が意外と写ってない。これが困る。例えば、コントラストの高い深夜の場面、イルミネーションとその周辺とかだと、暗部が全然写っていない。前のK100D Superなら暗部を持ち上げれば、もっと情報があったのに、と思って、試しに過去にK100D Superで撮った夜景のデータを見てみると、シャッタースピードがかなり遅い。それに比べると、K-7は明るい部分の白飛びに気を使ってか、シャッタースピードが速め。これでは、暗部のデータは残らないよなぁ。まあこの辺りはひとつ学習した、ということで、次回から夜景を写すときは、AvモードではなくTvモードで、なるべくスローシャッターで暗部データを拾う様に撮影すればよいのだけれど。

続きを読む