一眼レフカメラのXデー。しかし・・・

ニコン 一眼レフカメラ開発を停止 – Yahoo!ニュース

とうとうXデーが来たかという感じ。

そもそもフィルムからデジタルに変わったときに、一眼レフである必要も失われたと思う。フィルムは現像するまで画が見れないから、ペンタプリズムを使って肉眼で映る範囲を確認する必要があったが、デジタルは、撮像素子で捉えたものをほぼリアルタイムで背面液晶に映すことも出来たのだから、最初から背面液晶を見て撮影することも可能だった。

ただ、デジカメ初期は撮像素子の解像度の低さ、液晶の質などの問題もあり、撮影する画を確認するにはこれまでの技術の蓄積があった一眼レフに一日の長があった。

しかしながら、上記の問題も技術の進歩と共に解消され、逆に一眼レフならでは問題が顕著になってきた。例えば、ミラー構造が邪魔して、連写速度がミラーレスに追いつかなくなってきた。またペンタプリズムを搭載する構造上、本体の小型化に限界があり、またフランジバック(レンズマウント面から撮像素子までの距離)もミラーレスより長くとらなければならず、レンズ設計の上でも足かせとなるようになってきた。また、コンパクトカメラ、スマホカメラの普及によって、画面を見ながら撮影することにユーザーが違和感を抱かなくなっているのも、一眼レフのシェアが大きく下がる原因となっているだろう。

ま、そんなこんなで風前の灯火となってデジタル一眼レフであるが、それでも現在のフィルムカメラか、それ以上の数のユーザーがデジタル一眼レフを使い続けると思う。

その一つの要因として考えられるのは、デジタル一眼レフの良さの一つは機械のカタマリであること。メカというのはやはり大きい。例えばシャッターを切ったときのミラーが跳ね上がる音と手ごたえ。

そして、ペンタプリズムを介してファインダーを覗くというのは、生理的に理にかなっていると思う。いくら液晶が良くなったといっても、しょせん平面の光の点の集まりを見ていることに変わりはない。そこへいくと、ファインダーを通して見えるのはレンズを通してあくまで光を集めたものでいわば目の延長。やはり液晶画面を見続けるのとでは圧倒的に違和感、疲労感が少ない。

そんなことで、撮れた写真の歩留まり度とか効率を重視するのであれば、ミラーレスに軍配が上がるのだろうが、写真を撮る行為そのものを愉しむ、という点ではまだまだデジタル一眼レフも負けていないし、まだ進化の予知もある。

私自身は報道カメラマンでもないし、決定的瞬間を確実にモノにしなければならないプロの写真家でもないから、まだまだ売られているうちはデジタル一眼レフを最初に検討するかな。

デジカメ市場の壊滅的状況を見て思うこと。

コロナがどうというより、写真に対する世間の価値観が変わって来たんじゃないかね。写真と言えばSNSにあげることを前提としたスナップという感じで、それもスマホの小さな画面でしか見ないのであれば、極端に解像している必要もないし。

よく見るとすごく綺麗だが、その結果を得るのにカメラ本体20万円、レンズがそれぞれ10万円するということに納得する人が少なくなっているのではないだろうか。

私は・・・以前ほど写真を撮らなくなってはいるが、それなりのカメラ好きだ。今では古い機種となってしまったが、ペンタックスのK-3というデジタル一眼レフを持っている。レンズも一時期は15本位持っていた。そんな私でもカメラの売り上げが大幅に下がるのは理解できる。
続きを読む

2015年のカメラライフ

こちらは文章中心のブログなのだが、なかなか更新出来ない。昔は言葉にして伝えたいことがたくさんあったのだが、今はそうでもない・・・。感性がすり減ってしまったのかなんなのか・・・。それはともかく、今年はよく写真を撮ったと思う。どんな一年だったか?と問われれば、よく写真を撮った一年だった、と答えたい。

続きを読む

ミラーレス一眼レフカメラについていつも思うこと・・・。

ミラーレス一眼レフカメラについていつも思うこと・・・。本体が小さい、軽いというのは本来であれば、喜ぶべきことなんだけども、画質を追求しだすと、どうしてもレンズは大きく、重くなる。大体、そんなにいい画を吐き出さない標準のズームレンズでも、コンデジと比べれば遥かに出っ張ってしまうから、縦横だけいくら小さくしてもあまり意味がない・・・と思う。むしろ、レンズが大きく、重くなった時、カメラ本体にもある程度の重量と体積がないと操作がしづらい。
続きを読む

Lightroomの中のRAWファイルを一括でJPEGファイルにする。【Mac】実戦編 ※注意事項あり

※(2015/06/28)注意! この以下の方法では、Lightroomで現像した修正後のデータは活かされません! 取り込んだ時の状態のRawファイルがそのままJpeg化されるだけです・・・あしからず。
Lightroomをお持ちの方は「Lightroomの中のRAWファイルを一括でJPEGファイルにする。【Mac・Windows】ファイナル実戦編」をごらん下さい。Automatorの操作に興味のある方は下記へお進み下さい。

前回の記事はこちら「Lightroomの中のRAWファイルを一括でJPEGファイルにする。【Mac】導入編

で、いよいよ実戦編。まずはAutomator。私の場合は、Rawファイルは残しておく必要がないと思ったので、結局下記画像の様なセッティングにしました。
スクリーンショット 2015-06-27 20.42.53
まず一番左の「ファイルとフォルダ」から、左から2番目の「Finder項目の選択を求める」「フォルダの内容を取得」を右の窓にドラッグします。その後、一番左の選択肢を「写真」にし、その後左から2番目の「イメージの変更」をドラッグし、変更後のタイプを「JPEG」にします。取りあえず一連の流れとしては以上で終了です。
続きを読む