Posts By ボーノ

2020年・春 大丸親水公園〜多摩川沿い桜見物

今週の水曜日、有給だったのでこういうご時世ですが、ちらっと近所の桜を見に行ってきました。

多摩川では平日だったこともあってか、花見に通りすがる見物客はいても、グループで陣取っての花見をする人はほとんどいませんでした。

後でこの年の春の事を思い出すとき、どんな印象を抱くのでしょうか。

オートサロン 2020 Cars

クルマの写真も撮ってます(笑)

私はクルマに関しては性能のことは分からないので、デザインを見るしかないのですが、いかにもカスタムです、という派手なクルマは少しずつ減って、変わりにこれってメーカーオプションにあるのかな?と思わせるような、自然にかっこいいクルマが増えた気がします。

そんな中で勝手にかっこいいと思ったクルマ5選を発表します!

オートサロン 2020 コンパニオン

今年も懲りずに行ってきました、オートサロン。最終日にして、3連休の真ん中。なんか年々人が増えて来ている気がします。

私はコンパニオン撮影 6、クルマ 4、ぐらいの比率で見に行っている訳ですが(どうでもいい話)、オートサロン恒例の極端な露出をしている女性陣は減り、結構普通な感じになってしまったと思います。

とはいっても、Twitterでもコンパニオン撮影目的のカメコ供をどうにかしろ、との声も多数目にしましたし、ある程度露出、人数とも減らされてしまうのは仕方ないかなと思います。

メーカーのブースはレース活動を全面に押し出しているところが多い中、なぜかスズキのブースに惹かれました。ジムニー、ジムニー・シエラ、新型ハスラー、そして刀仕様のスイフト・スポーツ。どれもかっこいいんですよね。

どのメーカーも日本より中国、EU、北米市場に目が行っててイマイチ日本にぴったりとフォーカスがあっているクルマが少ないなか、スズキは全車種日本人に照準が合っているという感じがしました。

この現象をスズキの躍進と取るか、国内メーカーにすら重視されない日本国の衰退と見るかは見方の分かれるところでしょうが。

東京モーターショー2019 コンパニオン編

You need to add a widget, row, or prebuilt layout before you’ll see anything here. 🙂

東京モーターショー、行って来ました。今回は、土曜日に一人、日曜日にたまたま友人がチケットを余分に持っていたので誘われ、計2回行って来ました。

土曜日はまだゆっくり見て回れたのですが、日曜日は3連休の中日ということもあってか、凄い人・・・見るものも見ずに早めに退散してきました。

後今回はエリアが有明エリアと青海エリアで分散されていましたが、これが結構遠かった・・・。それぞれのエリアでも歩き回るので、そこからさらに普通の大人の足で20分近くある両エリアを回るのはかなり大変でした。

さて、今回も懲りずにコンパニオンさんの写真を撮っております。

しかしモーターショーとかメジャーなイベントはコンパニオンさんが少なくなってますね。中小のメーカーには結構まだいるんですがね。

メジャーなメーカーはジェンダーフリーみたいな世間の動向をきっと気にされているのでしょう。

まあ、コンパニオンとかが見たかったらオートサロン行ってくれってことなんでしょうね。

もつ焼き

iPhone 11 Pro のポートレートモード。F1.2の大口径レンズかな?っていうぐらいボケます。こうやってソフトウェア処理でなんでも出来てしまうとほんとうに一眼レフがいらなくなる日が来てしまうかもしれません。

まあいまのところ、元の画像だけで言えば、一眼レフのもつイメージセンサーの大きさとレンズの描写にアドバンテージがありますが、そのアドバンテージもいつまで保たれることやら・・・

しかしスマホでなんでも撮れるのは楽しいですね。個人的にはスマホ経由で写真の楽しさにはまってミラーレス一眼などに進む人もいるかな、なんて考えますが・・・楽観的すぎますかね?

よよぎのよる

iPhone11Proのナイトモードで撮影。例え塗り絵感があっても、これだけ夜景撮れれば十分です。

魚炉

iPhone 11 Pro・・・がなぜか手中にあります(笑)

27インチのiMacのモニターで見ると、流石にナイトモードなどはかなり粗も目立ちますが・・・それでもAPS-Cの一体何分の一なんだ?というぐらい小さなイメージセンサーでよくぞここまで写るものだ、と素直に感心します。

という訳で、しばらくは色々この新しいiPhoneで撮ると思います。

ラグビーワールドカップ2019 日本 対 ロシア

ラグビーワールドカップ、日本対ロシアを現地で観戦しました。
最初は硬さが見られた日本代表でしたが、後半に進むにつれ、ロシアの良いところをほとんど出させない安定した試合運びだったと思います。

機材とカメラマンの腕のしょぼさにより大した写真は撮れてませんが、一部写真を公開いたします。